星野リゾート界仙石原に滞在・宿泊した感想!写真多め

スポンサードリンク

あからんの合宿として、星野リゾート界・仙石原で時間を過ごしてきました!

『星野リゾート』って、聞いたことはありましたが、実際に足を運ぶのは初めて!

普段の生活から切り離された、特別な空間を味わってきました^^

せっかく素敵なところに滞在・宿泊することができたし、写真もたくさん撮ったので、感想を交えて紹介したいと思います!

星野リゾートとは?

『星野リゾート』って、聞いたことはあるけど、詳しくは知らない。

そんな状態で、私は現地に行ってしまいました。

実は『星野リゾート』と一口に言っても、そのなかでもコンセプトによっていくつかの施設があります。

・星のや
▷圧倒的非日常感に包まれる日本発のラグジュアリーホテル

・界
▷地域の魅力を再発見。心地よい和にこだわった上質な温泉旅館

・リゾナーレ
▷洗練されたデザインと豊富なアクティビティをそなえる西洋型リゾート

・OMO
▷旅のテンションを上げ、街を楽しみ尽くす観光客のためのホテル

・その他

さきち
星野リゾートに宿泊するのっていくらかかるの?

このなかで、今回は地域の魅力に焦点を当てた温泉旅館である『界』『仙石原』に行ってきました〜!

界仙石原とは?箱根との違いは?

『界』の施設は、全国に15箇所あるのですが、神奈川県には『箱根』『仙石原』の2つがあります。

この2つの施設は車で約30~40分ほどの距離で、そこまでかけ離れた場所にあるわけではないのですが、宿泊するとしたらどちらが良いのでしょうか??

『仙石原』の大きなポイントは施設自体が新しいということです。なんと!2018年に開業したばかりのピカピカな施設なのです!

また、施設内のいたるところにアートの作品が飾られています。

まず、フロントの待合スペースに、たくさんの画材と作品が。

くまお君
たくさんの筆٩( ᐛ )و
くまお君
富士山の美しい絵٩( ᐛ )و
くまお君
フロントでは、水が流れる音も聞こえて、ただ座っているだけでも癒されます!

客室内にも、それぞれの部屋ごとに異なるアーティストさんがデザインした作品が飾られています。

ちなみに、私が宿泊した部屋にはこちらのカラフルな作品が飾られていました。

さきち
「これ、私の書斎です」って言いたい。
このカラフルな絵、すごく気に入りました^^
くまお君
ちなみに、このクラゲみたいなガラスのオブジェも、見ているだけで癒し効果が。
そして、館内のいたるところにお花が飾られていて、それも癒し効果抜群。

到着するやいなや、アートの世界に足を踏み入れてしまう、不思議な空間。

それが、界仙石原の特徴です。

客室

客室の様子を写真とともに紹介します^^

私が宿泊した部屋は106号室(3人部屋)!

この部屋は、カラフルな絵が飾られているお部屋でした♩

部屋ごとに異なる作品が飾られているので、それも見所です^^
(※この写真2枚は105号室)

部屋の外には、露天風呂とおしゃれなソファ(?)があります。
24時間いつでも、温泉入り放題です٩( ᐛ )و

この温泉は美肌に良いらしいのですが、冬の乾燥した肌には少しピリピリしみるので、様子を見つつ入ってくださいね。

洗面台もふたつあって、ゆったり^^

アメニティは、このあと紹介しますね。

そして、ベッドがどーん!!!

後からお部屋に布団を敷きに誰かがやってくる、ということはなく、最初からベッドがセッティングされています。

このマットレスも、布団も、枕も特別に『界』のためにデザインされたものだそうです!

温泉にゆっくり入ったからなのか、それともこの寝具がよかったのか、朝起きた時にカラダがとってもラクでした(°▽°)!
いつもは肩がバキバキするのですが、それが全然なくて感動しました!
寝具って大事!!!

アメニティ

宿泊する時に重要なのは、アメニティの充実度!

もちろん、大満足でした^^

お部屋の洗面スペースに、ずらりと並んだアメニティ。

備え付けのボトルに

・ハンドソープ
・クレンジング
・洗顔
・化粧水
・乳液
・ボディローション

が入っています。

 

そして、風呂敷に包まれていたのはこちら。

・歯磨きセット
・コットン
・綿棒
・ブラシ
・ヘアゴム

さきち
風呂敷は、お土産として持ち帰り可能なのも嬉しい♩

 

あとは、

・浴衣
・作務衣
・靴下
・バスタオル
・フェイスタオル

などなども備え付けれていますので、
本当に手ぶらでいけちゃいます!!!

クローゼットもけっこう広い!

館内はとても暖かいので、上着の忘れ物にご注意を!

食事

旅の思い出の印象を大きく左右するのが、食事ですよね。

4月に宿泊した際の夕食と朝食をご紹介します。

『界』地元の季節の食材を使用することにこだわっているので、訪れる季節や場所によって内容が異なると思います。

夕食

夕食のお品書きはこんな感じ!

お品書きを読んだだけでは、いったいどんなものが出てくるのかイメージが難しいですよね。

いくつか写真でもご紹介します。

『サーモンの瞬間燻製』

透明なふたの中にスモークの香りが閉じ込められていて、これを開けるとフワッと燻製の香りが漂ってきました。

白い煙が立ち込めて、見た目にも楽しい食事のスタートです^^
『桜餅の海老射込み』

春らしい見た目!
桜餅に見えるけど、中身はあんこではなくてエビのもちもちしたすり身でした^^
『宝楽盛り』

とにかく豪華な御膳!
主に海の幸をリッチに味わえて、そのなかに山菜や菜の花、合鴨などの陸の恵みも。
『揚げ物』

おしゃれな揚げ物!
カラフルな丸いものは、白魚のすり身に色付きの湯葉を纏わせて揚げたもの!
器も可愛いくて好みでした^^
『穴子と湯葉の炊き合わせ』

穴子がめちゃくちゃ美味しかった!
こんなにたくさん食べても、まだ食べれちゃうw
『山海石焼』

いよいよクライマックス!
熱せられた石の上で、お肉と海鮮を焼いていきます。

食材が石にくっついちゃうのが、もどかしかったけど、それはそれで面白かったです。
専用のヘラも用意されていたので、剥がすこともできて問題なし!

写真撮り忘れましたが、このときに白いご飯とお味噌汁、お漬物も出てきましたよ。

いよいよ、デザートです。

『桜のデザート』

桜のデザートは、桜風味のぜんざいという感じでした。
デザートはこの桜のデザートか、黒糖ワッフル(アイス付き)のどちらか選ぶことができます♩

 

夕食は盛りだくさん!

料理を運んでくださる方が、1つずつ料理の説明をしてくださるし、料理や器などについて質問をしても、丁寧に教えてくれましたよ!

次はどんなものが出てくるんだろう??って、ワクワクしながら、たっぷり、ゆっくりと楽しむことができました〜♩

朝食

続いて朝食。
どんなに眠くても、絶対に食べた方が良いです!!!

お品書きはこちら。

朝からちゃんと和食のご飯です。
席に着くと、まず最初にジュースが運ばれてきます。
今回は、ジュースというか、甘酒でした。
甘すぎず、さっぱりした味わいでした^^

そして、豪華な朝食がドーン!!!

個人的に、アジの干物がとても嬉しかったです♩
よく見ると、カゴ?のなかにかまぼこたちが囚われていますw

昨日の夕食から、かまぼこや魚のすり身が様々な形で登場します。
さすが、小田原が近いだけありますね!
『山芋のステーキ』

実は、先ほどの豪華な御膳の隣で、こんなものが焼かれています。
本来なら自然薯のはずでしたが、仕入れの関係で今回は山芋のステーキでした。

両面がきつね色になるまで焼いたら、専用のたれでいただきます^^
フワッとした食感と、とろとろな食感が混ざってこれもまた美味しいかったです♩

さきち
ちなみに、箸置きもおしゃれ!

食事だけではなくて、食器や箸置きも全て素敵なんですよね〜
私は普段、朝食を抜いてしまうのですが、この日は朝からガッツリ食べましたw
カラダも喜んでいることだと思います^^

温泉

温泉旅館ですから、温泉は重要チェック項目ですね!!!

部屋の露天風呂

先ほども紹介しましたが、各客室に露天風呂がついています。
これは24時間利用可能^^

外の景色を見ながら、優雅な時間。

私は、夜に大浴場を利用しましたが、朝にはこの露天風呂で足湯をしました。

(※浴衣の裾がビチョビチョになりましたので、足湯をする際にはご注意ください!)

大浴場

大浴場にはタオルや洗面用具、ドライヤーなどが用意されているので、手ぶらでいけちゃいます^^

さっそく入ってみると、洗い場が3つ。

混み合うと、ちょっと気まずいですねw

温泉は、室内に2種類(透明なお湯と、にごり湯)と、露天風呂がひとつ。

温度は熱すぎず、ぬるすぎず、ちょうど良く感じました。

 

温泉はもちろん良いのですが、さらにお伝えしたいのは、休憩スペースの素晴らしさ!!!
大きなソファで、ゆっくりと休むことができます。

それだけではなくて!!!

みかんジュースとお茶(足柄茶)が、飲み放題!

お風呂上がりのみかんジュースが、こんなにも美味しいなんて!
遠慮なく、ごくごく飲んじゃいましたw
さらに!!

アイスキャンディーも食べ放題!笑

食べ放題と言っても一本しか食べませんでしたが、グレープ、オレンジ、リンゴ、モモなどいくつか種類があります。

ソファでくつろぎながら、お茶やジュース、アイスを食べて休憩するのはとても贅沢な時間でした^^

お水は脱衣所のところに、置いてありましたよ〜!

お土産

フロントのすぐ横に売店があって、お土産が販売されています。

食事に行く時、大浴場に行く際に通りかかるたびに、あれこれ見てしまいます。

飲み物や食べ物もあるし、実際にお部屋で使用されているキーホルダーや食事の際に使われていた箸置きなんかも売っています。

あとは、作家さんが手作りをしたアクセサリーやオブジェも購入可能です。

キーホルダーが可愛かったなぁ、

私はガラスを使用したピアスを購入してしまいました^^

お土産は、作家さんの手作りということもあって、割と高め。

いいな、と思うとだいたい5000円くらいします。

あと、タイミングにもよると思うのですが、私がお土産を購入した時には何かのトラブルだったのか、お会計にとっても時間がかかりました。

それだけが、唯一の残念ポイントでしたね。

東京から界仙石原のアクセス

実際に行ってみたい!と思ったら、場所と行き方だけでも調べてみてください^^

車の場合

カーナビに、こちらの住所を入力して検索!

〒250-0631
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原817-359
星野リゾート 界 仙石原

最寄のICは『御殿場IC』です。

御殿場は、天気さえ良ければ、富士山が裾野までドーンと見えますよ^^

2018年に開業したばかりなので、カーナビに出てこない場合がありますのでご注意ください。

※電話番号検索では正しく表示されません。

※『ファミリーマート箱根仙石原湿原店』で検索すると、施設のすぐ近くまで行けます。

東京方面からバスの場合

新宿高速バスターミナル
新宿バスタ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
約2時間
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
台ヶ岳
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
徒歩約5分
(※ファミマから坂道を登る)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
到着

私はこの方法で行きました!

新宿バスタから台ヶ岳までのチケット、当日にバスタで購入できて、席に余裕がありました^^
途中でバス停に停車ってことはありませんでした〜

到着するバス停の『台ヶ岳』は、ファミリーマートの目の前です。
お手洗いを借りたり、小腹を満たしたりするのにとても便利!

ファミマの駐車場の脇に、けっこう急な上り坂があります。
これを登っていくと、界仙石原に到着します。

この坂道を荷物を持って登るのは、ちょっとハードなので覚悟をしておいた方が良いです。

バスの料金は片道1900円!
これは結構リーズナブルだと思います。

そして、乗りっぱなしで到着できるのも嬉しい♩
予定の乗車時間は2時間とのことでしたが、実際に乗っていた時間は、日曜日の11:35出発〜14:00頃着実でした。

2時間以上かかりましたね٩( ᐛ )و

バスは電車や新幹線と違って、道路の混雑状況などによって到着時刻が変動するのが厄介なところですよね。

バスで現地に向かう場合には時間に余裕を持って計画することをオススメします!

あと、行きは新宿バスタ発なので時間通りに出発できますが、帰りは台ヶ岳にやってくるバスを待たなければならないのは不便です。

さきち
ちなみに、帰りは車で駅まで送ってもらい、電車で帰りました!

電車の場合

最寄駅は箱根登山鉄道の『強羅駅』

『強羅駅』『JR小田原駅』から約60分かかります。

ここからタクシーで約15分。

出発地点によりますが、バスのように乗りっぱなしで到着というわけにはいかず、電車を乗り継ぎ、さらにタクシーに乗って移動。

さきち
日常生活から離れた空間で時間を過ごすためには、多少アクセスが悪いくらいがちょうど良いってことですかね。

感想

 
普段の生活からは切り離された、とても特別な時間でした。

お花やアートがいたるところにある空間、十分すぎるほどのアメニティや室内の備品、それぞれのお部屋に露天風呂、えっ本当に無料なの??と思えるほどのお風呂上がりのサービス、お品書きを読んだだけでは何が出てくるのかわからないワクワクする食事・・・

書ききれないほどの刺激を受けました。

今回は、あからんのメンバーたちと勉強会をかねて共に時間を過ごしました。

お金を稼いだ世界は、どのようなものか。

今の生活にはない選択肢が出てくる、選ぶことができる。

それって、とても自由。

お金に制限をされて、やりたいことができない。
もしくは、もっと良い選択肢があることを知らないで、日々を過ごしてしまう。

それは、やっぱり嫌ですね。

こういう非日常の世界に触れて、リフレッシュ&エネルギーチャージになりました。

また行けるように、日々邁進です。

長い長い文章を最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサードリンク